脳梗塞・心筋梗塞

心筋梗塞と脳梗塞は日本人の死亡原因第2位と第3位を占め、この二つをあわせると、日本人の死亡原因だんとつの1位であるところの「がん」に匹敵します。

近年、心筋梗塞と脳梗塞を発症する人が増えています。

これは日々の生活習慣が原因とされています。

今回はこの二つの病気についてお話ししたいと思います。

脳梗塞とはどんな病気

「脳梗塞」は「脳卒中」のひとつです。脳卒中は近年益々増加してきていて、現在、日本人の死亡原因の第3位で、年間25万人以上の人が発症していると言われています。そのうちの60%以上が脳梗塞で、脳卒中の中で一番発症率が高いのです。「脳梗塞」は大変死亡率の高い病気の上に、幸いにして一命を取り留めたとしても後遺症が残るという問題があります。

脳卒中とは脳の血管が詰まったり、破けたりして脳に酸素が行き渡らなくなり、脳細胞が壊死することで起こる病気ですが、その中で特に「血管が狭窄したり詰まったりして起こるもの」を虚血性脳血管障害と呼びます。この虚血性脳血管障害には、「脳梗塞」と「一過性脳虚血発作(TIA)」があります。他に有名な脳の病気として「脳内出血」や「くも膜下出血」などがありますね。

脳梗塞は脳細胞に既にダメージが起こってしまったものでMRIという画像検査で梗塞巣を確認することが出来ます。TIAは一時的に症状が出たあと血流が戻り、脳細胞のダメージまでは起こってないものを言います。TIAの場合、MRIの画像に梗塞巣は写りません。

脳梗塞の原因とメカニズム

原因は動脈硬化

血管が詰まったり破けたりする原因に、動脈硬化があります。

動脈硬化の原因は悪玉コレステロールを含むLDLの増加です。但し、LDLが直接血管を傷つけているわけではありません。LDLが増えすぎるとそれを除去しようと免疫力を作り出す「活性酸素」が活発に作用します。けれどもその「活性酸素」がLDLを酸化させてしまうのです。「酸化LDL」が増えると有害な過酸化脂質が増えてしまい、血液はドロドロに。本来ならば身体によいはずの「活性酸素」が逆に身体を傷つけてしまうのです。このうち特に攻撃性の高いものを「悪玉活性酸素」といいます。

動脈硬化のメカニズム

  • 「動脈硬化」の仕組み

    高血圧や糖尿病などによって血管に負担がかかると、血管の内皮細胞に傷がつき、内皮が持っている動脈硬化を防ぐ働きが失われます。

  • 「動脈硬化」の仕組み2

    すると血液中の悪玉コレステロールを含むLDLが血管の内側にコレステロールを運びます。ちなみに善玉コレステロールを含むHDLは血管内のコレステロールを取り除きます。LDLの中で特に粒子の小さいsmall dense LDLが特に悪い作用を起こすことがわかってきています。悪玉コレステロールが血管の内側に入り込むと、それを除去するために「活性酸素」が活発になり、その作用により酸化を受けて「酸化LDL」に変化します。それを処理するために白血球の一種である単球も内膜へと入り込み、マクロファージに変わります。

  • 「動脈硬化」の仕組み3

    マクロファージは酸化LDLを取り込んで、やがて死んでいきます。この結果、内膜に含まれていたコレステロールや脂肪が、お粥のような柔らかい沈着物となってたまっていき、内膜はどんどん厚くなります。このようにしてできた血管のコブを「プラーク(粥腫)」と言います。「プラーク」ができた状態を粥状(アテローム)動脈硬化と言います。このとき善玉コレステロールを含むHDLはプラークからコレステロールを抜きとることで、動脈硬化を解消する方向に働きます。

    プラークができると、血流が悪くなり、血管が少し収縮しただけで血流がとだえて、その血管により酸素や栄養が送られている心臓や脳に症状が起こります

臨床病型による脳梗塞の分類

脳梗塞の分類は、実際の臨床現場では病型によって治療方針が違うため、以下のような臨床病型分類が使われています。

<アテローム血栓性脳梗塞>

近年の食生活の欧米化により増加傾向にあります。アテローム硬化(脂肪性物質が付着)が原因で頚から脳の大きな動脈が50%以上狭窄、または完全に詰まります。

<ラクナ梗塞>

高血圧が原因の1つで日本人に多いとされていましたが、近年は減少傾向です。脳梗塞の大きさが1.5cm未満の小さなものが該当し、脳の比較的中心あたりに発生する小梗塞です。

<心原性脳塞栓症>

心臓に血栓ができ、その血栓が脳に流れて動脈を塞いで起こる梗塞です。代表的な病気に心房細動、急性心筋梗塞、心臓弁膜症などがあります。塞栓性に発生します。

<その他>

上記のどの病型にも分類されないものもあります。BADと呼ばれる穿通枝領域の1.0㎝を超える縦長の梗塞や、皮質枝領域の小梗塞などはその他に分類されます。その他、大動脈から血栓が飛んできた大動脈原性脳塞栓や、血管の内層が裂ける動脈解離が原因で起こったものなどがあります。

脳梗塞の原因/危険因子とは?

福岡脳卒中データベース研究という大規模な研究において、脳梗塞のリスク、危険因子がわかってきました。以下の因子があると発症リスクが高くなると言われています。

(福岡脳卒中リスクスコアは一度脳梗塞を起こした人の再発リスクスコア)

※低リスク群(3点以下)、中等度リスク群(4-5点)、高リスク群(6点以上)

【リスク因子:合計10点】

  • ●高齢(70歳以)者(1点)
  • ●高血圧(1点)
  • ●糖尿病(1点)
  • ●喫煙(1点)
  • ●心房細動(1点)
  • ●心疾患(1点)
  • ●慢性腎臓病(1点)
  • ●ラクナ以外の脳梗塞発症者(1点)
  • ●脳梗塞発症の既往あり(2点)

貴方は何点でしたか?

脳梗塞の兆候は?

病気には前兆があります

そしておかしなことに早めに気がつけば発作を予防できますが、残念ながら、多くは見落としてしまいがちです。例え前兆があったとしても20分前後で症状が治まってしまうことも多く、おかしいと思いつつもすぐに症状がなくなるので、気に留める人が少ないのが現状です。

けれども、以下の症状が頻繁に起こるようであれば、脳梗塞を疑いましょう。

<運動障害、感覚障害>

右側もしくは左側の片方だけ、手や足が麻痺して動かなくなったり、しびれるような感覚障害が起こったりします。右の脳がダメージを受けると左側に障害が発生し、左脳の場合は右側の障害が発生します。手足以外にも、顔の筋肉が片方だけ緩んだり、口角がさがってよだれが出たりする事もあります。

<言語障害、失語症>

ろれつが回らず何を言っているのか聞き取れなくなったり、話したいのに言葉が出なくなったり、言葉が理解できなくなったりします。

家族が、いつもと違うと気付く場合が多いです。

<視野障害>

視野の半分だけが欠けたり、物が二重に見えたりする事があります。

<平衡感覚の障害>

体のバランスが取れなくなって転倒したり、ふらついたり、めまいが起こる事があります。めまいと一緒に嘔吐をする事もあります。

<嚥下障害>

口の中の筋肉や舌、のどにも麻痺が起こり、食べ物がうまく飲み込めなくなる時があります。

<意識障害、呼吸困難>

ぼーっとして適切な受け答えが出来ず、呼びかけられてもすぐ寝てしまったり、急に息苦しくなったりすることがあります。

心筋梗塞とはどんな病気

日本人の死亡原因の第2位が心臓の病気なのですが、その多くが心筋梗塞と、心筋梗塞からおきる心臓の病気です。心筋梗塞は発病が直接命に関わる非常に怖い病気です。

動脈硬化や血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができ、冠動脈が完全に詰まって心筋に血液が行かなくなった状態を「心筋梗塞」と呼びます。

一般的に心筋梗塞は中高年男性や肥満傾向の方に多い病気といわれていますが、近年、若い人や女性の心筋梗塞になるという話を聞くようになりました。そして肥満でもない男性や女性の20~40代の人が心筋梗塞にかかっています。

まだまだ自分には関係ない、などとは言ってはいられません。

これには近年の、欧米化した生活習慣が深く関わっています。

心筋梗塞は発症からの時間の経過で異なっており、発症から3日以内(2週間以内の場合もある)の心筋梗塞を急性心筋梗塞と呼び、発症から30日以上が経過し、壊死が繊維化して落ち着いた状態を陳旧性心筋梗塞と呼びます。陳旧性心筋梗塞は、心筋が繊維化しており、症状も安定していますが、慢性心不全などのリスクが高い状態なので注意が必要です。

心筋梗塞の前兆

心筋梗塞の疑いがある場合には速やかに救急車を呼んでください。心筋梗塞の致死率は40%と高く、ほとんどが1~2時間以内に適切な処置が行わなければ死に至る危険な状態に患者は置かれています。

<胸の痛み・呼吸困難・嘔吐>

突然の胸の痛みが訪れます。その痛みは非常に激しいもので、強い息苦しさを感じ、呼吸困難に陥ります。その場に倒れ込む人も少なくありません。このほかに圧迫感や動悸、冷や汗、吐き気、嘔吐を伴うことがあります。

<肩や背中の痛み>

心筋梗塞に限らず、痛みは胸だけに出るとは限りません。背中やみぞおち、肩にまで広がることがあります。奥歯の痛みや喉の痞えなどを感じる人もいます。また、このような痛みが心筋梗塞の前兆として現れることがあるので、注意が必要です。

<左手小指の痛み>

痛みが小さくても油断してはいけません。指先にだけ痛みを感じることもあります。特に高齢者や糖尿病の方など、痛みを感じる神経が麻痺しているケースでは、痛みが強く現れないことがあります。

心筋梗塞のリスクが高まる原因

心筋梗塞といえば強い症状が出るイメージがありますが、実は症状が全く出ないまま、発症する人が10から20%いるという事実があります。これでは心筋梗塞に気がつけません。
それでは、どのようにして心筋梗塞に気づけばよいのでしょうか?
「そもそも動脈硬化の危険因子は糖尿病、高血圧、脂質異常症、家族歴、加齢、ストレス、肥満、喫煙。これらの危険因子がないのに心筋梗塞を起こす人はほとんどいない」
動脈硬化のリスク要因がない人に心筋梗塞を起こす人はほとんどいないそうなので、まずはこれらのリスク要因を持っている人は注意したほうがいいということでしょう。

<生活習慣病>

脂質異常症(コレステロール、中性脂肪)、高血糖や糖尿病、高尿酸血症(痛風)など、ほとんどの生活習慣病が動脈硬化を促進させ、心筋梗塞のリスクを上昇させます。生活習慣病というとまず肥満を思い浮かべるかもしれませんが、近年では「痩せ型」の心筋梗塞も増えています。痩せ型の人でも高血糖・高血圧のことはあり、痩せているからといって生活習慣を見直さないのも一因のようです。

<ドロドロの血液>

生活習慣病の人は一般的に血液の粘度が高く、血管がつまりやすい状態です。

<肥満や運動不足>

生活習慣病の原因となるほか、心臓への負担が大きくなります。但し、専門のトレーナーのいない状況下での激しい運動は逆に心臓に負担をかけることになるので注意が必要です。あくまで「適度な運動」が推奨されています。

<ストレス>

生活習慣病の悪化させるほか、ホルモンの働きにより、血管が過度に収縮することになり、心筋梗塞のリスクを上昇させます。女性より男性の方が発症率が高いのはライフスタイル上、仕事での競争などで気の休まらないことが多く、ストレスを抱え込みがちなことが挙げられます。ストレスによる喫煙やアルコール摂取も発症を助長しています。

<喫煙>

生活習慣病を悪化させ、血液の循環に影響を与えるほか、体内で活性酸素を発生させて血管を傷つけるなど、多くの問題を引き起こします。

「水素」の役割

血管が詰まることで起きる病気が、脳梗塞・心筋梗塞です。

とても怖い病気でありながら、とても身近なものでもあることがおわかり頂けたかと思います。

その危険を少しでも避けたいですよね。

脳梗塞や心筋梗塞の予防と改善に、今「水素」が注目されています。

血管が詰まることで動脈硬化が起こり、脳梗塞や心筋梗塞の原因を作るのは、血管内のLDLというコレステロールが「活性酸素」の作用により酸化LDLとなり、血液をドロドロにしたり、「プラーク」を作るからです。

「水素」には特に毒性の高い「悪玉活性酸素」を体外に排出する力があり、LDLが酸化LDLになる作用を抑制します。またドロドロの血液をサラサラに変えてくれるので、詰まり気味の血管でも血流ストレスが少なくなるため、長期的な改善が期待出来ます。

活性酸素を除去する水素ですが、「小さい分子」である点が脳梗塞や心筋梗塞を予防するのに役立つのではとされています。これまで薬による治療を試みていましたが、プラークによって血管が詰まった状態では、薬が身体に行き渡りません。しかし、水素は非常に分子が小さいので身体の隅々に行き渡るため、血管が詰まった状態でも活性酸素を除去することが出来ます。

LDLを酸化させる「悪玉活性酸素」を除去することは、動脈硬化を根本的に改善させることが出来るといってよく、それは脳梗塞や心筋梗塞の予防に繋がるでしょう。

実際に慶応大学病院では、水素を使用した臨床試験がスタートしており、その研究結果でも有用性が認められています

脳梗塞も心筋梗塞も、もちろん生活習慣の見直しが第一ですが、その予防対策の一環として「水素」を利用してみてはいかがでしょうか。研究によってどれくらい有用なのかがはっきりと証明されるにはまだ時間がかかるかもしれませんが、既にその可能性は示唆されています。

そして水素には副作用がないとされています。

発症率を抑えることが十分期待出来る以上、今から「水素」を取り入れることは、健康な身体作りの先取りになるのではないでしょうか。