ガンを知ろう! | 水素本舗東京

がん

日本人の死因の3割を占め、1976年より不動の死因の一位を占めているのが「がん」です。

現在、年間30万人以上の方ががんで亡くなっています。

ではそもそも「がん」とはどんな病気なのでしょうか。

がんという病気と、最新の研究でわかっている「がんと水素の関係」についてお話ししたいと思います。

がんってどんな病気

がんは悪性腫瘍あるいは悪性新生物と呼ばれ、ひとことでいうと「体の細胞が異常に増殖し、暴走する」病気です。

私たちの体を作っている細胞の総数はおよそ60兆個になります。

それらの細胞は生きているだけで常にさまざまな傷を受けていますが、傷を受けた細胞は速やかにそれを修復しようとします。

ところが、この細胞に「何らかの遺伝子の異常」が起こり、細胞が増殖を繰り返し止まらなくなってしまうことがあります。

そうして何年もかけてできた「異常な細胞のかたまり」のうち、「命を脅かすもの」が「がん」です。

この「何らかの遺伝子の異常」を引き起こす原因のひとつとして「活性酸素」が上げられます。

がんの原因はストレスと生活習慣

日本は世界的にみて、がんによる死亡率の高い国です。

「がんは遺伝によるもの」とよく言われますが、実際は、遺伝性のがんの発生数はとても少なく、遺伝によるがんの発症率は全体の1%未満とさえいわれています。

日本人にがんの発症数が多いのは、ストレス社会と現代の食生活が原因ではないかと推測されています。

ストレスやたばこ、お酒、食事などによる生活習慣病は、がんを引き起こす原因である活性酸素を体内に増加させてしまうからです。

生活習慣の悪化が活性酸素により細胞をサビつかせますが、サビついた細胞はそれを速やかに修復します。細胞が傷つけば傷つくだけ(サビつくだけ)、細胞は動きを活性化させ、このとき「活性酸素」がたくさん作られることで「何らかの遺伝子の異常」が起きる可能性が高くなり、それががんの発症率を上げるのです。

がん予防のための12カ条

2011年に国立がん研究センターより、がんを防ぐための12カ条が公開されました。

これを見ればすぐにおわかりになると思いますが、12カ条のうち8カ条までが生活習慣に関することなのです。

規則正しい生活習慣ががんの予防にどれだけ大切かが、まずおわかり頂けたかと思います。

  • 1.たばこはすわない
  • 2.他人のたばこの煙をできるだけ避ける
  • 3.お酒はほどほどに
  • 4.バランスのとれた食生
  • 5.塩辛い食品は控えめに
  • 6.野菜や果物は豊富に
  • 7.適度に運動
  • 8.適切な体重維持
  • 9.ウイルスや細菌の感染予防と治療
  • 10.定期的ながん検診を
  • 11.身体の異常に気がついたら、すぐ受診を
  • 12.正しいがん情報でがんを知るところから
身の回りには活性酸素の元がいっぱい

「活性酸素」とがん

がんはストレスと乱れた生活習慣により、体内に「活性酸素」が増加するため発症するケースが多いとされています。

ではこの「活性酸素」とは一体何なのでしょうか。

私たちは、呼吸により1日に500ℓ以上の酸素を体内に取り入れています。その酸素を使って、食事で摂った栄養素を燃やしエネルギーを作り出していますが、この過程で取り入れた「酸素の約2%分」が「強い酸化作用を持つ活性酸素」に変わるといわれています。

もともと「活性酸素」は身体によいものだと考えられてきました。

その強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割があるのです。白血球の一部が「活性酸素」の力を利用して体内に侵入してきた細菌を破壊してくれる、いわゆる「免疫力」を作り出してくれるのです。

けれどもその後「活性酸素」の研究が進み、「活性酸素」には種類があることや、「活性酸素」が増えすぎてしまうと細菌だけではなく自分の身体の細胞も傷つけてしまったり、身体を酸化させてしまうという害があることがわかりました。

「酸素」はあらゆるものを「酸化させる力」を持ちます。

ナイフで切ったりんごの断面が徐々に茶色くなっていく、これが酸化の力です。

この「酸化」は人間の身体にももちろん作用します。その最もわかりやすい例が「酸化現象」=「老化現象」です。これは体内の「活性酸素」が細胞をサビつかせ、機能を衰えさせるために起きる現象です。

これが時には「がん」という病気を引き起こし、命さえ奪うのです。

切ったリンゴを変色させる「酸化現象」の仕組み

「活性酸素」の種類

「活性酸素」には種類があると申し上げました。

体内で発生する「活性酸素」には「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」があり、それが以下の4種類に分かれます。この中で遺伝子や細胞を傷つける「ヒドロキシルラジカル」を特に「悪玉活性酸素」と一般的に呼び、区別しています。傷ついた身体を修復するために生まれる「善玉活性酸素」から、身体を傷つける「悪玉活性酸素」が生まれるというジレンマがあることがわかります。

<スーパーオキシド:善玉活性酸素>

この活性酸素はミトコンドリア細胞が酸素からエネルギーを作るときに生成されるので、私たちが呼吸をしている限りこの活性酸素の発生は避けて通れません。またウイルスや異物などが体内に侵入した際に、白血球により一番初めに大量に放出され異物を撃退する作用があります。そんな善玉作用のあるスーパーオキシドですが、異物を撃退するということからもわかる通り「毒性」が高く、放っておくと体内を傷つけてしまいます。

<過酸化水素:善玉活性酸素>

スーパーオキシドが体内の抗酸化酵素であるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)によって分解される過程で酸素とともに生成されるのが「過酸化水素」です。体内の細菌を殺してくれる善玉作用が期待できます。傷口の消毒用の薬品に「オキシフル」がありますが、これは「過酸化水素水」を3%の溶液にしたもので「活性酸素の毒性」をうまく利用したものです。大半が体内の抗酸化酵素で無害化され水になりますが、極めて不安定な性格と「非常に強い毒性」を持ちます。

<ヒドロキシルラジカル:悪玉活性酸素>

スーパーオキシドから生じた過酸化水素が体内の鉄や銅などの金属イオンと反応して生成する、最も酸化力が強く毒性が高い活性酸素が「ヒドロキシルラジカル」です。スーパーオキシドの数十倍の攻撃性を持つ凶悪な活性酸素で、善玉作用はなく、遺伝子や細胞膜を傷つけます。反応性がとても高く、発生しては消えるということを100万分1秒という単位で繰り返し、糖質やタンパク質、脂質などと反応し「過酸化脂質」を蓄積させていきます。じわじわと身体を蝕んでいく存在で、困ったことにヒドロキシルラジカルを分解する酵素は体内には存在しないのです。

<一重項酸素:悪玉活性酸素>

悪質な性格をした反応性が強い活性酸素です。放射線や紫外線などの光の刺激により、皮膚や目に大量発生し、皮膚を形成するタンパク質や脂肪を酸化、変質させてしまいます。皮膚がん等を引き起こす非常に怖い活性酸素であり、肌の大敵です。

「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」の発生過程

身体の中で「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」の発生する過程についてお話します。 「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」が発生するまでには4つの過程を踏みます。 身体がいかに「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」を作らないようにしているかがおわかりになるかと思います。それほど毒性の高い物質なのです。

酸素・水素・電子の例
  • 酸素[O2]
  • 私たちは呼吸をすることで酸素を体内に取り込みます。

    一般的な酸素分子は、酸素原子が2個結びついて1個の酸素分子として存在しています。

  • 矢印
  • スーパーオキシド[O2-]
  • 傷ついた細胞を修復したとき、その副産物として生まれるのがスーパーオキシドです。細胞の修復のために、酸素が電子1個を余分に取り込むのですね。するとその結合した分子は不安定になり、強烈な酸化力を示します。これが活性酸素「スーパーオキシド」の発生過程です。これを体内に存在する「SOD」で分解します。SODとは「Super Oxide Dismutase」の略で、その名が示すように「スーパーオキシド」を分解する酵素のことです。SODはスーパーオキシドが「過酸化水素」に変化する還元反応を促進する触媒として働きます。他の物質から奪った電子が酸素分子に入り込んで、一個の不対電子を持っているのが特徴です。

    ※還元反応とは「水素が加わった反応」のことです。

  • 矢印
  • 過酸化水素[H2O2]
  • スーパーオキシドをSODが分解する(水素の結合)過程で発生するのが「過酸化水素」です。それを体内に存在する「カタラーゼ」で分解し、そこで分解しきれなかった分を更に「グルタチオンペルオキシダーゼ」で分解します。スーパーオキシドを3段階で分解するのですね。こうして抗酸化酵素などで分解されることで、大半は酸素を放出して無害な「水」になります。但し鉄[Fe]が反応を促進した場合、過酸化水素は2つに分解された状態になり、「ヒドロキシルラジカル」へと変わります。

  • 矢印
  • ヒドロキシルラジカル[OH]
  • 過酸化水素への紫外線照射や鉄[Fe]などの金属イオンと反応したときに生成される、スーパーオキシドの数十倍という毒性を持つ凶悪な活性酸素が「ヒドロキシルラジカル」で、これを特に「悪玉活性酸素」といいます。酸素電子が1個足りないので他のものとくっつきやすい性質があり、糖質やタンパク質、脂質などあらゆる物質と反応し「過酸化脂質」を体内に蓄積させます。その反応性の高さ故、通常の環境下では100万分1秒しか存在することが出来ず生成後速やかに消滅します。但しヒドロキシルラジカルの元であるスーパーオキシドが常に大量に発生しているため、ヒドロキシルラジカルも常時発生します。

「ミトコンドリア(細胞)」と「がん」の関係

活性酸素を発生させる活動をする細胞のことをミトコンドリアといいます。

名前だけはご存知の方も多いのではないでしょうか。

最新の研究では私たちの細胞内部のメカニズム、細胞内にあるミトコンドリアとがん細胞の関係もどんどんわかってきています。

水素の医学的効果を発見した日本医科大学の太田成男教授は、著書の『がんとミトコンドリア』にて「ミトコンドリアにはがんを防ぐための重要なシステムがあります。それがミトコンドリア遺伝子です」と大変興味深い記述をされています。

ではミトコンドリア、そしてミトコンドリア遺伝子とは一体どんなものなのでしょうか。

ミトコンドリアとミトコンドリア遺伝子

私たちの身体におよそ60兆個の細胞があり生命活動を行っていますが、ミトコンドリアはこれらの細胞全てに存在する細胞小器官です。

そして各細胞が活動するために必要なエネルギーを生産する働きをしています。

そのためミトコンドリアは人体の発電所といわれています。

ミトコンドリアは「呼吸から取り入れた酸素」と「食事から取り入れた糖分」から生命活動に必要なエネルギーを作り出しますが、同時に「活性酸素」という人体を酸化させる有害な物質も作り出します。更にその「活性酸素」から「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」が生まれます。

がんの原因であるところの「悪玉活性酸素」を作り出すと聞くと、ミトコンドリアは悪者のように思えますが、そのがん細胞を死滅させるものまた、ミトコンドリアなのです

ではミトコンドリアはどんなメカニズムで動いているのでしょうか。

古い細胞が死に、新しい細胞に生まれ変わる。

この過程で中心的な存在を果たしているのが、このミトコンドリアです。

ミトコンドリアは老化した細胞・ウイルスに犯された細胞、すなわち「生きるために不必要な細胞」に自滅プログラム(自然な死)を実行して、細胞死(アポトーシス)を起こします

つまり、生と死の両方を司り、生物が生きるためのサイクルを作っているのです。

私たちの命は細胞のアポトーシスによって日々、守られているのです。

「悪玉活性酸素」などによって細胞が傷つき、がん細胞に編成されます

けれども実は健康な人の身体でも、がん細胞は毎日、数百から数千作られています

ですが1つの細胞ががん化して10億個ほどに増殖、1cmの大きさになるにはおよそ10年かかるとされています。つまり、これが大きくなる前にミトコンドリアが指令を出しアポトーシスが行われることによって、ほとんどのがん細胞は大きくなる前に処分されるのですね。

ミトコンドリアは「酸素を用いて」必要なエネルギーを生産します(有酸素性代謝)。

通常の細胞の核にある遺伝子とは別に固有の遺伝子(ミトコンドリア遺伝子)を持ち、ミトコンドリアが有酸素性代謝を行う際には、取り込んだ酸素のうち3%程度が「活性酸素」になることがわかっています。こうして作られた活性酸素がミトコンドリア遺伝子に異変を引き起こし、その結果、有酸素性代謝における活性酸素の生産量が更に増えるという悪循環を経て、ミトコンドリアの機能不全とが起こるとされています。

ミトコンドリアの機能不全は、細胞のエネルギー生産に重要な影響を及ぼしますので、細胞本体の機能不全や細胞死に繋がると考えられています。

ミトコンドリアの異常が生み出す病気

  • ●生活習慣病・・・肥満、高脂血症、糖尿病、メタボリックシンドローム、動脈硬化、心筋梗塞など
  • ●老年病・・・アルツハイマー病、脳変性疾患、老化など
  • ●遺伝病・・・ミトコンドリア病など
  • ●がん
  • ●慢性腎臓病(CKD)
  • ●不妊・・・生殖細胞をつくるにはミトコンドリア遺伝子が必要

ミトコンドリア及びミトコンドリア遺伝子が正常であることが、私たちの身体にとっていかに大事なのかがおわかり頂けたでしょうか。

ミトコンドリアは「活性酸素」を発生させる細胞でもありますが、同時にミトコンドリアの行うアポトーシスというシステムが私たちの身体を生かし、がんから守ってくれているのです

「悪玉活性酸素」を無毒化する「水素」とがん予防

ミトコンドリアの発生させる「活性酸素」。

これがミトコンドリア遺伝子を傷つけることでがん細胞に変わります。

けれどもミトコンドリアは私たちの身体を生かしている大切な細胞なので、除去することは出来ません。

だったら、この「活性酸素」が人体に無害なものになればよいのではないでしょうか。

そこで今、注目されているのが「水素」です。

水素には高い抗酸化作用があり、がんの原因となる「悪玉活性酸素」を還元し、無害な水に変えることが出来ます

これは水素分子の性質によるもので、「水素(H2)」の「酸素(O2)と結びつく性質が「悪性活性酸素」にも同じ反応をし、無害な「水(H2O)」へとして排出するからです。

「悪玉活性酸素」を「無毒化」する仕組み

水素はがんの原因といわれている「悪玉活性酸素」を減少させることが出来ます。

この「悪玉活性酸素」の増加はがんだけではなく、あらゆる病気に繋がっています。

水素は副作用がないとされています。

「悪玉活性酸素」を「水素」で除去してミトコンドリアを「悪玉活性酸素」から守り、がんを予防しましょう

「がん治療」における「水素」の役割

がんの予防に「水素」がいかに有効であるかをお話ししてきました。

ところで今医療の現場では、がん患者への治療の一環としても「水素」が有用だということで関心が注がれています。

がんの治療方法

がんの治療方法としては、以下のものが一般的ですね。

  • ①抗がん剤の使用
  • ②放射線で焼く
  • ③手術で切る

その他にも先端医療の粒子線治療や、遺伝子を調べ「がん」が大きくなる前に処置をする方法などにも注目が集まっています。

そんななかで、がんの治療に「水素」が大変役立つことがわかっています。

一般的な治療法である抗がん剤投与や放射線治療は、つらい副作用を伴います。

実はこの副作用を引き起こしている犯人が、「悪玉活性酸素」なんです。

①抗がん剤の使用

「がんをたたく」といいますね。

多くのがんに効果のある抗がん剤「シスプラチン」は体内に大量の「悪玉活性酸素」を生み出し、腎臓に大きなダメージを与えます。けれどもここで「水素」を使うことで、抗がん剤の力を弱めることなく、副作用を大きく軽減出来ることが現場から報告されています。

②放射線治療

「がんを焼く」といいます。

放射線治療でも、体内の水分と放射線が反応して大量の「悪玉活性酸素」が発生してしまいます。これが健康な細胞・遺伝子までを傷つけ、体力を奪う犯人なのです。

放射線治療を受けると、倦怠感、吐気、食欲低下、うつ症状などの症状が急性期の副作用として現れます。照射した部分の皮膚には皮膚組織のダメージが起こります。また時間が経ってから現れる後遺症として、がんの発生、中枢神経系や循環器の疾患、白内障などがあります。このような副作用や後遺症は、照射した部位や量や照射法や治療を受けた人の放射線感受性の違いなどに左右されます。

これらは放射線照射によって発生する活性酸素種による「酸化ストレス」や炎症反応によって生じると考えられており、生活の質(QOL)を著しく低下させ、寿命を短くする原因になります。

つまりこういった副作用や二次的な弊害も、「水素」を身体に取り入れることで放射線の力を弱めることなく、軽減出来る可能性が高いというわけです。

③手術で切る

がんの切除は手術によって炎症が起き、「活性酸素」が大量に発生します。「酸化ストレス」にさらされた身体の中では、健康な細胞やミトコンドリア遺伝子が傷つき、免疫力・治癒力を低下します。これもまた身体に「水素」を取り入れることで、「酸化ストレス」を防ぐことが出来ます。

抗がん剤や放射線は増殖の速い「細胞分裂を行っているがん細胞」をターゲットにしています。「細胞分裂をしていないがん細胞」は抗がん剤や放射線治療の感受性が低いので生き残りますが、細胞分裂を行っている細胞の多くは死滅します。

けれども、抗がん剤も放射線も、がん細胞だけを選んで死滅させるわけではありません。

あくまで「細胞増殖の盛んな細胞」に向けられるので、正常な細胞も同時に死滅したりダメージを受けたりします。がん細胞と正常な細胞の区別は出来ないのです。

さらには、がん治療中に発生する「悪玉活性酸素」はがんの悪性化、新たながん(2次がん・転移)の発生率を上げることが報告されています。治療中はもちろんのこと、治療が終わった後も、細胞は「悪玉活性酸素」に晒されているのです。

放射線治療を受けると、倦怠感、吐気、食欲低下、うつ症状などの症状が急性期の副作用として現れます。照射した部分の皮膚には皮膚組織のダメージが起こります。

また時間がたってから現れる後遺症として、がんの発生、中枢神経系や循環器の疾患、白内障などがあります。このような副作用や後遺症は照射した部位や量や照射法や治療を受けた人の放射線感受性の違いなどに左右されます。これらは、放射線照射によって発生する活性酸素種による酸化ストレスや炎症反応によって生じると考えられており、生活の質(QOL)を著しく低下させ、寿命を短くする原因になります。

水素を身体に取り入れることで、治療の効果を保ったまま、副作用の犯人であるところの「悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)」だけを取り除くことが出来ます。

これが現在、「がん治療」において「水素」が注目されている理由です。